ネット犯罪等の不正防止策についての注意喚起

当社、Bitgate株式会社の運営する暗号資産交換業サービスをご利用されているお客様の大切なご資産と情報を守る上でお客様にご注意いただき、以下の内容をご一読した上で、ネット犯罪の対策強化にご協力下さい。何かご不明瞭な点がございましたら、当社窓口へお問い合わせ下さい。

  • お問い合わせ窓口

    24時間受付
    メール
    cs@bitgate.co.jp
    お問い合わせフォーム
    お問い合わせフォーム
  • フィッシング詐欺対策:当社を装う不審なサイトやメール、電話等にはご注意下さい

    • (1) 不審なメールやウェブサイトに載っているURLにアクセスしない
    • (2) 不審に感じたら確認する
      少しでも不審に思った場合は、安易に個人情報等を伝えたり、入力したりせず、当社のお問い合わせ窓口に速やかにご連絡下さい。
  • マルウェア対策:お客様PCから情報を盗み取る共有ソフトやスパイウェアにはご注意下さい

    • (1) 不審な電子メール・ウェブサイトに注意する
      マルウェアの感染等の被害を防ぐため、不審な電子メールや添付ファイルをむやみに開いたり、怪しげなウェブサイトを閲覧したりすることは控えて下さい。また情報が漏洩する可能性があるファイル共有ソフトの利用もお控え下さい。
    • (2) OSやブラウザを最新の状態にしてから利用する
      お使いのパソコン等の OS やブラウザを常に最新状態にし、既知のセキュリティ上の問題がない状態をご確認の上でご利用下さい。
    • (3) 期限切れのウイルス対策ソフトを利用しない
      マルウェアの感染を防ぐため、市販のウイルス対策ソフトをご利用ください。またウイルス対策 ソフトの使用期限が切れていないかを随時チェックしてください。
    • (4) 公共の場(ネットカフェ等)での利用は控える
      近年ホテル、空港などネットカフェ以外で共用利用できるパソコンが設置されている施設において、キーボードの入力履歴を記録するソフトを利用して、他人のID・パスワード等の個人情報を盗み、不正にアクセスをする事例があります。不特定多数の人が利用できるパソコンのご利用は極力お控えいただくことを推奨致します。
  • 不正利用対策:悪意のある第三者によるなりすましや不正利用にはご注意下さい

    • (1) パスワード等を定期的に変更する
    • (2) 安全性の高いパスワードを設定する
      オンラインでのサービスご利用をより安全にする上で、他人に推測されにくく、機械的な処理で割り出しにくい安全性の高いパスワードを設定することが必要です。
      • ① 個人情報(名前や生年月日など)や一般的な単語をパスワードに使用しない。
      • ② 文字・数字・記号を組み合わせたパスワードを使用する。
      • ③ 適切な長さ(できれば8文字以上)にする。
      • ④ パスワード等の暗証番号は、他人に知られないようお客様自身で厳重な管理をする。

【金融庁ホームページに記載の留意事項について】
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧」には以下の留意事項が掲載されています。

本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。
本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。
暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

≪暗号資産を利用する際の注意点≫
・暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
・暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
・暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
・暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
・暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

 暗号資産交換業者登録一覧はこちら

無料 口座開設はこちらから Top