用語集

  • アドレス

    暗号資産を送金する際に使用する口座番号のようなもので、ビットコインの場合、「1」 または「3」から始まる 27~34 文字の英数字からなっています。

  • アルトコイン

    暗号資産は大きく2つに区分けすることができます。それはビットコインとそれ以外です。
    つまり、アルトコインとはビットコイン以外の暗号資産の総称をいいます。

    ※アルトコインの例
    イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン等々

  • 暗号資産

    暗号資産は「暗号化されたデジタル通貨」のことで、日本円のような法定通貨とは違い、 特定の国家による価値の保証はありません。
    ※詳しくは、暗号資産とはをご覧ください

    ※暗号資産の例
    ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ

  • イーサリアム(Ethereum)

    ヴィタリック・ブテリン氏により考案された分散型アプリケーションの開発プラットフォームです。 イーサリアムは誰もがブロックチェーンを使ったサービスの開発・提供ができるようになることを目的に作られました。 イーサリアムで開発されたアプリケーションを動作させるために必要なものがイーサであり、Gasとも呼ばれています。

  • ウォレット

    ウォレットとは、暗号資産のアドレスと秘密鍵を保管しておく場所のことをいいます。
    暗号資産に関するものを保管しておくことからウォレット(財布)といういい方をしています。
    なお、ネットに接続されている状態のウォレットのことをホットウォレット、 ネットに接続されていないウォレットのことをコールドウォレットといいます。

  • Gas(ガス)

    イーサを送金する上でマイナーに支払う手数料です。
    イーサのGasはビットコインのマイニング手数料とは異なり、支払うGasの上限を設定するものです。

  • コールドウォレット

    コールドウォレットとは、暗号資産を保管する方法のひとつで、ネットに接続されていない状態で保管しているものをいいます。
    ネットに接続していないことから、サイバー攻撃等によるセキュリティの面からは安全を確保することができますが、 反面、送金や決済の手続きに時間を要してしまいます。
    なお、アドレスや秘密鍵を紙に印刷して保管する方法をペーパーウォレットといいます。

  • 公開鍵暗号方式

    「公開鍵」と「秘密鍵」という対になる2つの鍵を利用して、データの暗号化・復号を行う暗号方式のことです。
    データの送受信のとき、送信者は受信者が公開している「公開鍵」を使ってデータの暗号化を行います。
    一度暗号化されたデータは、受信者のみが持つ「秘密鍵」を使わなければ復号ができない仕組みです。
    ビットコインに代表される暗号資産は、この公開鍵暗号方式を応用した電子署名を利用しています。

  • 51%攻撃

    悪意のある特定のグループや個人がハッシュレートの51%を支配して、不当な取引を行うことをいいます。
    攻撃対象となるのは「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と呼ばれる方式を使っている暗号資産で、ビットコインも該当します。

  • KYC(Know Your Customer)

    本人確認のことで、銀行や暗号資産交換業者で新規口座を開設する際に、行われる作業のことです。
    近年、マネーロンダリングを防止するために口座開設の際に本人確認(身元確認)を多角的に行っています。

  • コンセンサスアルゴリズム

    consensusは合意、algorithmは算法を意味します。
    暗号資産で用いられるコンセンサスアルゴリズムはトランザクションの承認方法によって分類されます。
    ※コンセンサスアルゴリズムの例
    PoW(プルーフオブワーク)、PoS(プルーフオブステーク)、PoC(プルーフオブコンセンサス)、PoI(プルーフオブインポータンス)

  • Satoshi(サトシ)

    Satoshiとはビットコインの最小の通貨単位のことで、1億分の1BTCになります。
    したがって、「1Satoshi=0.00000001BTC」になります。名前の由来はビットコインの技術論文の著者である「Satoshi Nakamoto」氏からきています。

  • スマートコントラクト

    スマートコントラクトとは、取引記録を管理するだけではなく、ネットワーク上で取引契約を管理、実行する機能です。 例えば「Aさんが○○したらBさんは○○する」といったような契約を事前に用意しておくことで、 条件が満たされた場合、自動でその契約を実行を行います。

    ビットコインが送金や決済に限った機能であることに対し、イーサリアムでは決済機能に加えて契約を実行、 保存する機能が取り入れられており、より幅広い分野での活躍が期待されています。

  • ソフトフォーク

    ソフトフォークとは、ハードフォークと同じく仕様変更による分岐を意味しますが、 ハードフォークが分岐後は互換性がなくなるのに対して、ソフトフォークは分岐後も互換性は保たれているという違いがあります。

  • トランザクション

    一般的には、処理したデータの履歴のことを指します。
    暗号資産では送金履歴を指すことが多く、例えばAからBへビットコインが送金された取引履歴を意味します。

  • ナカモトサトシ(Satoshi Nakamoto)

    ビットコインの技術論文の著者で生みの親とされる人物のこと。
    ただし、その正体は国籍や年齢、性別、本名かどうかも不明。

  • ノード

    「結び目」や「節」を意味する言葉で、暗号資産関連についてはブロックチェーンの情報を保存・検証している利用者を指します。
    ノードはP2Pネットワークを通じて他のノードと同じ情報を共有、処理します。
    P2Pネットワークではすべてのノードが対等であるため、クライアントサーバーが存在せず、 サーバーの故障等によりブロックチェーンのデータが消えるということが起こりえません。

  • ハードフォーク

    ハードフォークとは、暗号資産の仕様変更(バージョンアップのようなもの)のことで、 仕様変更後はこれまでの暗号資産との互換性がなくなる場合をいいます。
    ハードフォークのフォークとは分岐を意味しますが、分岐後はこれまでの暗号資産とはまったく別のものになり互換性はなくなります。

  • P2P(ピアツーピア)

    特定のサーバー(中央管理者)を介さないで、接続された個人のコンピューター同士がコミュニケーションを行うネットワーク形態のこと。

  • PoW(プルーフオブワーク)

    ビットコインやイーサリアム等多くの暗号資産はPoWというアルゴリズムによって運営されています。
    これは、マイナーと呼ばれる人々が膨大な計算を行うことで取引が承認されるという仕事量に裏付けされた信頼性を意味します。
    ブロックを生成することでマイナーたちは新規発行の暗号資産を取得することができるという経済的なインセンティブが存在し、 それを獲得するためにマイナーたちは大量の電力を消費し計算を行っております。

  • PoS(プルーフオブステーク)

    PoWに代わるコンセンサス・アルゴリズムの一つです。 コインの保有量に応じてブロックを承認する仕組みで、PoWに比べ電気代の消費やマイニングプールの中央集権化を防ぐことができる点で評価されています。
    PoSには2種類の方式があり、コインの保有量のみで承認する方式と、コインエイジ(Coin Age)という係数を保有量にかけて承認する方式があります。
    しかしながら、コインの保有量によって承認がなされるため、流動性がなくなるのではという懸念があります。

  • 分散型アプリケーション(DApps)

    特定の中央管理者または機関が存在しない非中央集権的なアプリケーションを指します。
    例えばビットコインやイーサリアムは開発者は存在しますが、暗号資産の発行は設定されたプログラムに従って行われ、 彼らが携わるのはそれらのアップデートや修正です。
    これらを実際に運営する主体は存在せず、利用者(ノード)はトランザクションの承認作業を行い、 ブロックチェーンを形成することで暗号資産を報酬として取得します。
    つまり、利用者に経済的なインセンティブの獲得機会を与えることで、不特定多数の有志によって運営されているアプリケーションです。

  • ホットウォレット

    ホットウォレットとは、暗号資産を保管する方法のひとつで、ネットに接続されている状態で保管しているものをいいます。
    ネットに接続していることから、送金や決済の手続きはスムーズに行うことができますが、 反面、セキュリティの面からは100%の安全を確保することができない状態となっております。

  • 秘密鍵

    自分の暗号資産の所有権を証明することができる唯一の証明書のこと。
    この秘密鍵を使って公開鍵を作成することができます。
    銀行でいうと、暗号資産のアドレスは口座番号になりますが、秘密鍵は実印に該当するものなので厳重な管理が必要です。

  • ブロックチェーン

    分散型台帳技術ともいわれ、P2P(ピアツーピア)の仕組みを使ってトランザクションと呼ばれる取引履歴を互いに監視し合う技術のことです。
    中央管理を排して、分散共有によって取引の正当性を担保しています。

  • マイニング

    中央集権型のように特定の管理者が存在せず、 その代わりにP2Pの参加者が管理・承認することで報酬が得られる仕組みのこと。

  • マネーロンダリング(資金洗浄)

    犯罪によって得た収益を、その出所や真の所有者が分からないようにして、 捜査機関による収益の発見や検挙を逃れようとする行為をいいます。

  • マルチシグ

    「マルチ・シグネチャ」の略称のことで、Multi(複数の)とSignature(署名)を併せた言葉です。
    通常は、3つの鍵を用意してそのうち2つの署名があれば契約が成立する仕組みです。
    なお、この場合を「2 of 3」ともいいます。

Top